三重カウンセリング メンタルハートカウンセリングプロフィール  

カウンセリングとは、心の辛さ、悩み等、うつ病パニック障害に向き合う事のお手伝いをさせて頂く事です。三重県伊賀市、鈴鹿市、四日市市、亀山市、津市に対応しています
三重県カウンセリングメニュー
三重県カウンセリング
カウンセリングとは
悩み相談  カウンセリング
悩み相談  カウンセリング
心理療法とカウンセリング
三重県のカウンセリング カウンセラー
三重県企業向けカウンセリング
三重県伊賀市 カウンセリング
復職支援カウンセリング
面接カウンセリング 三重
電話カウンセリング 三重
スカイプカウンセリング 三重
メールカウンセリング 三重
プロフィール
カウンセリングのお支払
 お問い合わせ
カウンセリングお申込み
三重県伊賀市 心のカウンセリング
潜在意識とカウンセリング
カウンセリングと心のワーク

うつ病カウンセリング
パニック障害カウンセリング
カウンセリングとは、「いっしょに考える」という意味で「ありのままの自分ををぜんぶ吐き出す作業」です
WEBメール
実施中 
心の扉を開く   
気づきと対処を 
お伝えしています







面接カウンセリング
心理カウンセリング 伊賀


1958年生まれ
大阪市出身 

学校卒業後、民間企業にて管理監督者として
社員の育成及び事業の開発に従事する中
20代にて、哲学に興味を持ち「因果関係」を
追い求める中、心理学に出会う。

社会の発展は、人と人との関係における
コミュニケーションの拡大に他ならないと
考え、宗教学と心理学の関係を模索し
現在に至る(相談実績2千名を超える)

経歴
元一部上場企業管理監督者
元精神科クリニックカウンセラー
メンタルハート 代表
元エキサイトお悩み相談室カウンセラー

資格
ISO9001企業内監査委員
ISO14001企業内監査委員

一般社団法人 全国心理業連合会認定
プロフェッショナル心理カウンセラー

日本学術会議 メンタルケア学術学会所属
メンタルケア心理士

内閣総理大臣認定NPOコミュニケーション
能力開発機構認定
コミュニケーションアドバイザー

面接カウンセリング


本来、人は悩みを解消する術を持ち合わせているのですが

器がいっぱいになって身動きが取れなくなった状態が発生したとき

心の不健康と体の不健康が出てきたりします。


多くの方が、クリニックに通われておられると思いますが

投薬のみで、長い間の苦闘の方々を数多く見てきました。

又、東北大震災において数々の被災者様とのかかわりの中

残された命、生きる事への葛藤がどれ程辛いことか

目の前で痛感した次第です。

そんな中で、根本原因は社会、自分の中にあると感じ

苦しさを乗り越えるカウンセリングこそが、今求められていると考えています


今を対処出来てこそ、カウンセリングであり

私のカウンセリングは、今を対処します。

数多くの経験を乗り越えた実践の中にこそ強みがあります。



又、違った角度から考えた場合ですが

平等と不平等の観点を考える必要があると考えています。


宗教学心理学を研鑽する傍ら多くの方の相談の中で

「何故、私たちだけが」と病気であったり、事故であったり

人は平等ではないと、多くの方が苦しんでおられていました。

医療では対処出来ない事があるものです。


私自身、幼いころは本当貧乏で小学生の頃から

新聞配達で家計を助ける中他の友達がとても羨ましかったです。

父の給料日だけ好きな出前を食べれる事がとても楽しみだったですね。

そんな中、遅くまで働く両親にかわり

知人の方が持って来てくれる一つのチョコレートが

とても嬉しく人の温かみを感じた次第です。


しかし、そんな事も忘れ

ひたすら働く中、目の前の事で精一杯になり

ただただ、仕事の業績を上げる為にと紛争していた感じで

人として大切な事を仕事でごまかしていた感じでした。

職場では、体調不良で毎日吐きながら仕事を続けても

それこそがステータスと勘違いしていたほどです。

人は、簡単に裏切るし人をおとしいれます。

しかし、悶々とした中でも正直自分の内面に気づかなかったですね。


今考えればかなりの精神疾患だったと思います。

過敏性腸症候群と診断されていたのですが

そんな事さえも不思議な気合い?で意味不明でした。

そんな中、あの東日本大震災が起こりました。

不思議ですが、居てもたってもおれず

すぐに動かなければの衝動で

震災から九日目に妻と現地入りした次第です。

正直、目の前の惨状を見て恐怖を覚えました。

恐ろしくて車から降りれなかったのを覚えています。

此処でどれだけの人が辛い思いをしたのかと思い

多分、自分自身の心を投影したのだと思います。

生きてる事、命とはなになんだろうと

長く葛藤する中、現地の方との関わりの中で

少しずつ見えてくるのが分かりました。


人は関わり合い、支えあって生きている。

自分ひとり頑張らなくて良い。

自分は既に支えて貰っていた。


幼い頃のチョコレートが支えだったのだと確信しました。

それが私のカウンセラーになったきっかけです。


生きているからこそ希望は決して消える事はなく

辛い中にも意味があり、それは自分の生きる意味なのですね。

「私と関わる全ての家族・地域・社会の方たちが幸福を感じられる人生であるように」

「全ては今」から始まるが私の願いです。

カウンセリング心の扉 最新出版情報

三重県 うつ病カウンセリング等メンタル強化

あなたのメンタルは強くなる
2013年2月20日出版

元精神科クリニックカウンセラー
心理カウンセラー 
橋爪正二郎







(C) 2012-2016 カウンセリング 三重