三重県 うつ病カウンセリング 

伊賀市名張市のカウンセリングなら心の扉。心の辛さ、悩み等、うつ病向き合う事のお手伝い
伊賀 カウンセリング




登録カウンセラー
三重県伊賀市 カウンセリング
面接カウンセリング 三重






 お問い合わせ
  お申込み
カウンセリングとは、「いっしょに考える」という意味で「ありのままの自分ををぜんぶ吐き出す作業」です。三重県伊賀市からカウンセリングをお届けします
WEBメール
実施中 
心の扉を開く   
気づきと対処を 
お伝えしています





伊賀市名張市のうつ病カウンセリングなら心の扉 うつ病とは

うつ病は、皆さんもご存じの様に「脳」の病気です。
しっかりとした医師の指導のもと投薬によってコントロールする必要があります


それに対して、「うつ状態」と言うのはストレス等の原因等により
一時的に、バランスが乱れている状態だと言う事になります。


どちらも、治療のプロセスに大きな違いはないのですが
ここで気をつけて頂きたいのは、投薬中心の治療では「うつ状態」は良くならないと言う事

逆に、間違った治療のもと状態が悪化したケースも念頭に置かなければなりません。

お薬に対して「万能」と思われているのなら大きな間違いで

お薬は、一時的にコントロールをしているだけだと言う事

ストレス等の根本的な部分にアクセスしない限り完治は難しいと言う事実を知るべきです。


詳しくは割愛しますが、お薬の長期投与は本来人が持つべき自然力を奪う事により
依存になり易く、機能を低下させます。

何故、減薬断薬が難しいかと言うと薬の依存により機能低下を招いている事も
事実として捉えなければなりませんね。



特に、うつ状態の長期投与は「薬害」を招く危険があると言う事実を
お伝えしておきたいと思います。


何が大事かと考えた時、ストレスにどう向き合うかと言う事が
最も大事な事だと考えます。

カウンセリングは、ご自身と向き合う作業で何も難しい事ではなく
本来、どんな事を考えていたのか、どうしたかったのかを
自分なりに整理する事で、本来の自分に戻る作業です。


何故病気が長引くのかを考えた時、器質的な状態を除いて
問題は自分自身の中にあると言う事を知って頂ければ幸いです。

減薬等で悩まれておられるのでしたら、どうぞご相談下さい。


伊賀 カウンセリング 悩み相談

Aさんは、うつ歴7年の方ですがる思いでメールをしてこられました。

病院にも通い、カウンセリングもしっかりとされて来られたのですが
一向に改善する方向に向かう事が出来ないとの事でした。


孤独感を感じ、将来に不安を感じる中では予期不安はますます増大するばかりです。


私は、声を大きくして訴えたいのですが
マニアルに在る様な治療で心の病が改善するとは思いません


Aさんを7年間も引っ張ってきた治療者は何なのでしよう


基本誘発要因 AC(アダルトチルドレン)
診断名    うつ


初回カウンセリング時状況は、睡眠障害、抑うつ、倦怠感、焦燥感、無気力等です。


まずは、睡眠障害の改善の為「自律訓練法」

抑うつ感改善の為に「呼吸法」「イメージ療法」「感情の放出」

AC対処の為に、ある方法を伝授しました「ここは秘密です」

焦燥感は、上記の対処の中で軽減すると感じました。


心の病の改善には、基本要因の問題を解消する必要があります


そして何より大事な事は、今を対処しながら本質に向き合う事で
現在の状況を無視する事は出来ません。



共感の中で、心の解放をめざし環境の整備が必要となります。


環境の3要素

人(人間関係)

物(住居、自然等)

金(生活力)

私独自の考え方ですが、予期不安の解消には新たな環境も含め
現在の環境の中で、必要な要素を作り出す事です。


毎回、カウンセリング時に状況を確認しながら
一緒にすべき事を検討し、出来る事を確認し合います。


カウンセリング開始後、3か月で断薬に進み現在も継続で
現在は、体力の回復と思考の捉え方を中心に話し合う。



状況にもよりますが、うつは改善します

(C) 2012-2015 カウンセリング 心の扉