三重県 解離性同一性障害カウンセリング 

解離による辛さを共に向き合い改善します。
三重県カウンセリングメニュー
三重県カウンセリング
カウンセリングとは
悩み相談  カウンセリング
悩み相談  カウンセリング
心理療法とカウンセリング
三重県のカウンセリング カウンセラー
三重県企業向けカウンセリング
三重県伊賀市 カウンセリング
復職支援カウンセリング
面接カウンセリング 三重
電話カウンセリング 三重
スカイプカウンセリング 三重
メールカウンセリング 三重
プロフィール
カウンセリングのお支払
 お問い合わせ
カウンセリングお申込み
三重県伊賀市 心のカウンセリング
潜在意識とカウンセリング
カウンセリングと心のワーク

うつ病カウンセリング
パニック障害カウンセリング
カウンセリングとは、「いっしょに考える」という意味で「ありのままの自分ををぜんぶ吐き出す作業」です。三重県伊賀市からカウンセリングをお届けします
WEBメール
実施中 
心の扉を開く   
気づきと対処を 
お伝えしています





伊賀市名張市のうつ病カウンセリングなら心の扉 解離性同一性障害とは

私は、数百(1000弱)の解離を持つクライエント様から

心を教えて頂きました。

何故心が病むのか?

何故解離するのか?


そこには、私の認識を超えた心の仕組みと

人が生きる事、生まれた意味等

まだまだ科学では説明出来ない

様々な事があるのだと。

私以上に、何十倍もの苦難を経験し

生きて来た事です。


解離人格を私はこう呼びます。

「身代わり人格」 「守護人格」

ストレスを背負うのが「身代わり人格」

その人格を保護するのが「保護人格」

皆、役割を持ち生きています。


そして、うつ病を持つ人格

パニック発作をを持つ人格等

心の病を持つ人格も多く存在し

気分と感情を閉じ込め存在しています。

ここで私が感じたのは

心の病は、心の痛みで形成され

その辛い感情(気分)が身体を支配している事です。


不思議ですが

元気な人格は元気なのです。

私は、この人格さん達から心の病を

心の仕組みを教えてもらいました。

科学的な根拠は確かに存在しますが

それ以上に感情の在り方こそ

治癒を施す最善の道だと分かりました。



人は過去性があり、現在に繋がっている

それは紛れもない事実です。

だからこそ、今を未来に繋げる為に

生きる力を見つけ出し

共に今を生きて行きたい

そんな心を強く感じています。


心の状態と言うのは、そもそも初めから完全ではなく

幼い頃からの積み重ねの中に自我を形成していきます。


しかし、幼少時に過度のストレスを抱え込んでしまうと

同一化すべき、感情、意識等が抑圧されてしまって

別々に育つ事になってしまい別れてしまった結果が

「解離」だと考えています。

例えば、受けるべき愛情が受けれない場合

愛される存在だと言う事を横に置いてしまった結果

引きこもる事になり、生きる事を諦めてしまうのですね。

しかし、人は生き続ければならない為

自身の安全を守る為に、別の人格を作り上げる事となります。

元々の自分を基本人格とするならば

主人格が形成され、その中に副人格があるような感じです。

一人一人が役割を持つことで

他の人格に影響を及ぼさないようにした

防衛手段だと思います。

多くの場合、自身でそれに気づく事は難しく

他の誰かが気付く事で表面化しますが

中々、受け入れる事は難しい事には違いありません。

しかし、日常に支障がないのなら問題はないと考え

日常を過ごすのが困難な場合は治療が必要です。

多くの方は、病院で投薬を受けながら治療しますが

今の医療の実態を考えた時、薬づけだけは避けなければなりません。


何故解離するのか


解離は生きるための防衛反応です。

過度のストレスから自分を守るための

最大の回避なのです。

私は、解離された人格を「身代わり人格」

新たな人格を「守護人格」と呼んでいますが

過度のストレスを身代わり人格さんに持って貰い

その人格を守る為に守護人格さんがいます。

辛い自分が心の奥底に潜み

時に、何かを感じて表に出てくるのです。

既に多くの時間が過ぎていても

その時の感情は時間が止まったままです。

回復に必要な事とは

そんな自分を認めて上げる事です。

まずは、邪魔に思わず

辛さを背負ってくれて有り難うと

思って欲しいと考えています。

傷を癒して上げれば過去になり

やっと解放されるのです。


解離治療


解離治療には、私独自の「Believe Exit」カウンセリングにて治療します。

「Believe Exit」カウンセリングの詳細はこちらをご参考にしてください。


治療方針


 まずは安全を確保する事
  
家庭環境を初め安心出来る場所を作る

クライエント様との話し合いで安全を確保します。

解離する原因は様々だと思いますが

結果として、安全が満たされない為です。

それは、死の恐怖であったり

これ以上傷つくのが怖いからです。

そんな事から回復に一番大切な事は

安全の確保です。

安全が確保されない限り

トラウマ人格は表に出ることは少なく

中に閉じ籠り

表人格を操っている場合もあります。

 信頼を築く
  
親密なる関係を築く

親と同等、より保護的な立場を創出します。

人との関わりが過度に苦手である為

極度に人に対して恐怖を抱えています。

真の愛情、保護的な愛情を持つことが大切で

支持的な関わりでは難しくなります。

全ての人格を受け入れ

温かく見守る事が大切です。

 
解離の統合

最近の傾向として

人格の統合を優先しない考えもありますが

場合によると考えています。

数人規模の解離ならお互いを尊重し合うで

上手く付き合うことも出来ます。

しかし、多人数解離等の場合

やはり統合は必要になって来ます。

そして、解離により身体症状を持つ場合も

多くありますので、表現症状の治療も必要です。

勿論、普通のカウンセリングが大切ですが

催眠下での治療も必須です。

私は、USPTを利用しての改善方法が基本です。

ただただ、トラウマを呼び出すだけで

対処の出来ないカウンセラーは避けるべきです。

時が止まったままの解離人格は

恐怖を強く抱えていますので

そこに戻すだけでは感情の爆発が起こります。

最善の注意で対処する事が大切です。

 脳内会議

何故脳内会議が起こるかと言えば

他の人格の意思が頭の中で錯綜しているからです。

通常の思案する事とは分けて考える必要があり

他の意思が混じり合っている事で

患者様の言葉をかりると

グチャっとする感覚です。

脳内会議は、慣れない間は苦痛ですが

上手く人格同士の意思疎通が出来る様になると

話し合いにより、生活が楽になります。

その為には、一人一人の人格を尊重し

意思を確認することが大切です。


伊賀 カウンセリング 悩み相談


Cさんは、うつ歴等7年の方でメールをしてこられました。

病院にも通いながら投薬を受けていたのですが
一向に改善する方向に向かう事が出来ないとの事でした。


孤独感及びうつ状態を感じ、将来に不安を感じる中
自身がアダルトチルドレンだと知り解消したいとの事


医師の診断
基本誘発要因 AC(アダルトチルドレン)
診断名    うつ


初回カウンセリング時状況は、抑うつ、パニック、倦怠感、焦燥感、無気力等です。


まずは、睡眠障害の改善の為「自律訓練法」

抑うつ感改善の為に「呼吸法」「イメージ療法」「感情の放出」

AC対処の為に、ある方法を伝授しました「ここは秘密です」

焦燥感は、上記の対処の中で軽減すると感じました。


しかし、うつ状態は解消する中症状の安定に至らず
ある事がきっかけで、解離症状がでる。


本来、自分を苦しめてきた解離に気づく事で
様々な生きにくさの原因を理解。

解離例

自分で買った記憶のないものがある

購入した食材が度々腐っていた

人と接すると回避がはいり緊張する

普段着ない様な洋服がある

完全に人格が変わる解離は他者から見て

判断できるが、気づかない事もあります。



安全と信頼を築く事で

一人一人の人格と話を進めストレスを取り除き

生きる力を創出する。

融合を希望する人格は統合を進め

精神エネルギーを強化する。

カウンセリング開始後、2か月で断薬に進み現在も継続で
現在は、外出、オシャレ等趣味を楽しめるようになり
目的を持つ中で、就職を目指しています


対応地域

三重県 滋賀県 奈良県 愛知県 岐阜県
大阪府 京都府 兵庫県 和歌山県 福井県
その他ご相談にのります。

カウンセリング対応

面接、スカイプ、電話によるカウンセリング
但し、月に2度の面接(訪問)カウンセリングか条件となります。

カウンセリングの目安(半年)

面接2回、電話もしくはスカイプ4回

ライン随時

料金

ご相談のうえ決定させて頂きます。

 お問い合わせ


(C) 2012-2017 カウンセリング 心の扉